マニキュアで夜空風ペイントの方法。其の弐。(改訂版)

ちょいワザ作り方レシピ。
04 /03 2014
IMG_6989.jpg

手軽で人気のマニキュアペイント、続編です(笑)
今回はこちらのカードケースの製作手順になります。

前回の方法よりも乾燥に時間がかかりますが、広範囲の塗りや修正に向いています。

それでは作り方どうぞ~。(長いです。)

↓↓↓

IMG_6847.jpg

ますはデコベースやセッティングなどに、黒のマニキュアをベタ塗りします。
ムラになるので、ベタ塗り⇒乾燥⇒ベタ塗り⇒乾燥…と、2回ほど塗りましょう。

IMG_6848.jpg

乾いたら、ブルーのマニキュアをオン。

IMG_6849.jpg

トップコートを使って、トップコートの筆そのままでペタペタとぼかして伸ばしてゆきます。
ぼかし具合はお好みで~。

IMG_6850.jpg

ブルーを置いて…

IMG_6851.jpg

トップコートでぼかし!…を繰り返します。

IMG_6853.jpg

他の色も使っていきます。
方法は同じです。

IMG_6855.jpg

全体のバランスや好みに合わせて、ドンドン色を置いていきます。

IMG_6856.jpg

パープルも。

IMG_6860.jpg

グリーンも。
ラメカラー・パールカラー・ソリッドカラー特に関係なく乗せまくっております。

繰り返し色を乗せていくうちに、トップコートで表面がゆるんでブヨっとしてきたりします。
そうなったら塗装面を荒らしてしまう可能性が高くなるので、作業は一旦ストップ!
乾燥させてから続きを行いましょう~。

IMG_6861.jpg

グリーン乗せた後で一旦乾燥させて、ゴールドやらホログラムやらを追加しました。
途中でグリーンの色味が多すぎた気がしたので、背景に使った黒を乗せてグリーンの色味を抑えました。
背景色の色を使えばある程度の修正可能です。
イメージを膨らませつつ、のんびり塗りましょう~~(`・ω・´)

↑の写真まで塗ったらまたブヨ感が出てきたので、乾燥~。

IMG_6862.jpg

最終的にはこの辺で塗り終了となりました。
広いとついついやりすぎてしまーう(゚∀゚)

IMG_6970.jpg

丸くカットしたマスキングテープを貼って月を描きます。

IMG_6971.jpg

オフシロのパールマニキュアを塗っては乾燥…を繰り返し、背景が見えなくなるまで…

IMG_6973.jpg

こんな感じ。
シッカリ乾燥させます。

IMG_6974.jpg

ぺりーーー。

IMG_6975.jpg

思いのほか塗膜が厚くなってしまったので、トップコートで周囲をなぞって落ち着かせました。

IMG_6976.jpg

マニキュア塗装はこれにて完了です!!
あとは…

IMG_6977.jpg

UVレジンをダーーっと流し…

IMG_6978.jpg

チャームなどを置いて…

IMG_6979.jpg

ペカーっとUVライトを照射!!

IMG_6980.jpg

出来上がり~~~(*´∀`)

IMG_6982.jpg

IMG_6988.jpg

パールカラーが好きでメインで使っているので、ライティングや角度で随分表情が違った仕上がりになりました。
写真より実物のほうが派手に見えます…w

IMG_6983_20140403202609c0a.jpg

IMG_6985.jpg

レジンを流すと色調が落ち着く感じがしますね。

今回のやり方だと、前回のような流動をあまり利用しないので、マーブル模様というよりムラっぽく仕上がります。
これも好みだと思いますが、乾かしながらでもキレイなグラデーションが描けます。

長文お付き合いありがとうございました!!(´∀`)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ
banner.gif

いつも応援ありがとうございます(*´∀`*)
今日もポチっとしていただけると、また頑張れます♪

コメント

非公開コメント

詳しいペイント方法、ありがとうございます♪
最近カードケースを購入したので、今度チャレンジしてみようと思います(`・ω・´)
次の作品も楽しみにしてます♪

手順が書かれていてわかりやすくて助かってます〜小さいものしか(しかもまだ10個も作ってない💦)作った事がないので、挑戦しようと思います!

Re: タイトルなし

RimaRunaさま
akkoさま

ご覧頂きありがとうございます(*´∀`)
写真が多くなっちゃいましたが、(ピンボケもあってスミマセンi-202)なんとなく手順の雰囲気がつかめたら幸いです。

是非チャレンジしてみて下さい~♪

tomi

ハンドメイドアクセサリーパーツショップ『AliceTail』の店長をやっています。
何でもすぐに「やってみたい!」と思うものの、ズボラなため、簡単で誰でも手軽にに楽しめるクラフトを日々研究しています。