プラバン+UVレジンでぷっくりパーツを作る。

ちょいワザ作り方レシピ。
09 /24 2014
IMG_8014.jpg

100均などでも手軽に入手できるプラバンをレジンで加工して、よりシッカリしたパーツに仕上げました。

IMG_8013.jpg

…ちょっとわかりにくいかもですが、プックリしてます。
厚み・ツヤも十分です。

IMG_8012.jpg

裏も可愛く。
大きさも色も自由自在ですので、小さなアクセサリーパーツや、ちょっと大きなパーツまで、何に加工するにも応用できます。
オリジナルのパーツを作りましょう~。

それでは作ってみましょー♪(*´∀`)
(毎度、長いです。)
  ↓↓↓

IMG_7990.jpg

ベースにはコチラのプラバンを使いました。
ダイソーさんでGET。

IMG_7989.jpg

およそ4分の1に縮むとの説明ですので、大体完成サイズの4倍で下書きを製作。
完成サイズがピンとこない場合は、紙を2回折ってみて、4分の1をイメージしてみましょう。

IMG_7991.jpg

下絵が出来たら、プラバンを重ねて油性マジックでなぞり、写し取ります。

IMG_7992.jpg

カドが出来ないように、アウトラインを切り出します。
写真のようにおおよそのラインでもOKですし、下絵どおりに切り出しても良いと思います。
お好みでー。

IMG_7993.jpg

説明どおりにトースターで加熱~。
ギューーっと縮みます、面白い(゚∀゚)

IMG_7994.jpg

熱いうちに雑誌でプレスして平らに。
さましたところが上のお写真です。

…なんかずいぶん縦長に…
まぁいっかー。(適当。)

IMG_7995.jpg

着色方法は沢山ありますが、今回はアクリル絵の具を使うことにしました。
アクリル絵の具・使い捨てパレット・筆・筆洗を用意。

IMG_7997.jpg

油性マジックの塗ってあるほうから塗装していきます。
つまり、完成パーツは下絵とは逆向き(左右反転)になります。
セル画みたいにラインの内側を塗って…。

IMG_7998.jpg

表からはこんな感じ。
時々表から塗り残しなどがないか確認しつつ、ドンドン塗っていきましょう~。

IMG_7999.jpg

あらかた塗れたら、しっかり乾燥させます。

IMG_8002.jpg

パーツ裏面の見えない使い方をするなら必要ない工程なのですが、見える使い方をする場合はちょっとこのままでは不恰好ですので、黒で塗りつぶしました。
使用したのはいずれも不透明色なので、ベースがしっかり乾燥していれば、塗りつぶしても大丈夫です。
再び乾燥させます。

IMG_8004.jpg

黒いだけだと寂しいので、星のステッカーを貼りました。
同じくダイソーさんで購入

IMG_8005.jpg

UVレジンを流し、ステッカーと塗装面を封入します。
爪楊枝などで隅々までのばして…

IMG_8006.jpg

UVライトでピカーっと5分。
これで裏面は完成です

IMG_8007.jpg

同じように表面もレジンを流します。
ちょっとキラキラさせたかったので、グリッターを入れることにしました。

IMG_8008.jpg

爪楊枝でグリッターを混ぜつつ、レジン液をのばしていきます。
UVライトに入れて、硬化させれば完成です。

IMG_8014.jpg

IMG_8013.jpg

収縮の際に出来るシワなども綺麗に埋まるので、UVレジンでコーティングはオススメです。

IMG_8012.jpg

裏面を黒く塗ったので、表面に筆跡が出たり、一部黒色が透けて見えてしまった部分もありますが、これはこれで手塗り感あってよいかと…(;´▽`A``
まぁ着色方法も好みによりますので、色々と試してみてください。

下書きをトレースするので、頑張れば同じパーツを量産することも出来ますよ~。
お試し下さい♪(・ω・)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ
banner.gif

いつも応援ありがとうございます(*´∀`*)
今日もポチっとしていただけると、また頑張れます♪

コメント

非公開コメント

tomi

ハンドメイドアクセサリーパーツショップ『AliceTail』の店長をやっています。
何でもすぐに「やってみたい!」と思うものの、ズボラなため、簡単で誰でも手軽にに楽しめるクラフトを日々研究しています。