ハロウィンストラップ。~タミヤカラーで背景~

ちょいワザ作り方レシピ。
10 /03 2014
IMG_8079.jpg

ハロウィンネタ第二弾です(´∀`)
羽飾り付きのストラップにしてみました。

IMG_8080.jpg

今回はタミヤカラーのメタリックタイプで背景を塗ってみました。
ハッキリした色調が鮮やかで、個人的には使いやすかったです。

製作手順は続きへ。
 ↓↓↓
IMG_8065.jpg

今回使用した3色です。
左から、「メタリックブルー」「セミグロスブラック」「ゴールドリーフ」というカラー名。
電気屋さんのプラモデルコーナーで買いました。

IMG_8059.jpg

使用する前に、タミヤカラーをよく振っておきましょう。
粒子が沈んで分離していることがよくあるので、振ってから使う、がお約束です。

まずはブラックを、下から7割ほど筆を使って塗ります。

IMG_8060.jpg

薄く塗るとセッティングの金属面が見えますので、タップリと筆にとって、乗せていく感じで。
金属面が見えないようにしましょう。

IMG_8061.jpg

ブラックが乾かないうちに、メタリックブルーを上のほうから塗っていきます。
こちらも塗る、というより乗せていく感じで。

IMG_8062.jpg

半分くらいまで乗せたら、筆で軽く引いて、ファイヤーパターンみたいに境目に模様をつけます。
ここまで出来たら、一旦乾燥させます。

IMG_8063.jpg

セッティングのフチに不要な色が付いてしまっている場合は、溶剤をしみこませた綿棒でぬぐってキレイにしておきましょう。
地味ですが、キレイな仕上がりのポイントです。

IMG_8066.jpg

乾いてきたので、ゴールドでドットを入れました。
星…のつもり(笑)
まぁたぶんほとんど見えないでしょうけどね(;´▽`A``

背景はこれで終了。
しっかり乾燥させてから、次の作業に移ります。

IMG_8070.jpg

UVレジンをセッティングの深さちょうどくらいまで流します。

IMG_8071.jpg

カン部分を切り落としたパーツを配置します。
レジンに浮かべるようなカンジで。

IMG_8073.jpg

…と、いうのも、このパーツとセッティング、サイズが上下左右で1mmほど違いがあり、ピッタリではないんです。
なので、バランスのいい位置を探って配置します。
背景とパーツの間に隙間があると、影が落ちて立体感が出ますので、きっちりパーツを沈めないのも手です。

位置取り完了したら、一旦UVライトへ入れて硬化させます。

IMG_8074.jpg

最後に盛り上げます。
あまり欲張るとあふれちゃいますので、ほどほどに

IMG_8075.jpg

しっかり硬化させれば完成~~。

ブローチ、ネックレス、ヘアアクセ、ブックマーク…お好みのパーツで二次加工しましょう。

IMG_8076.jpg

天然石とフェザーで飾りつけ。
フェザーの端は、紐止め3mmに挟み込んで、カン付きに加工しています。

IMG_8077.jpg

IMG_8080.jpg

メタリックブルーは、粒子の細かい控えめなキラキラ感。
タミヤカラーは色がとても豊富ですので、売り場に行くとついつい迷ってしょうがないです
もっと色々な色や方法を試していきたいと思います


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ
banner.gif

いつも応援ありがとうございます(*´∀`*)
今日もポチっとしていただけると、また頑張れます♪

コメント

非公開コメント

tomi

ハンドメイドアクセサリーパーツショップ『AliceTail』の店長をやっています。
何でもすぐに「やってみたい!」と思うものの、ズボラなため、簡単で誰でも手軽にに楽しめるクラフトを日々研究しています。