飛び出しデザインのレジンチャーム@UVレジン

レジン・樹脂で作る
01 /20 2012
IMG_0241.jpg

リネンプリント生地をベースに、チャームやコネクターを配置。
染み込み防止自作ラミネート加工してあります。

お気に入りのツバメチャームはミール皿から飛び出した位置にセッティング
きれいにミール皿に納まっているのもいいですが、こういうのも動きがあって素敵です♪

ゆっくりレジンを流し込んで、硬化後にラインストーンを乗せました。

キラリ上品に仕上がって、今回は大成功しました~~

ネックレスにしようかなぁ( `・ω・´)


↓↓みんなのレジンアクセサリーやハンドメイドアクセサリーブログ☆↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

コメント

非公開コメント

質問です

はじめまして。
いつも、お店とブログ楽しく利用させていただいております。

今回は質問がありコメントいたしました。
私がこの記事のようにチャームをはみ出す形で配置して作ろうとすると、
そのチャームを伝って(?)レジンが作業台の上に流れ出してしまいます。
もし、配置するタイミングやコツがございましたら教えていただけないでしょうか?

Re: 質問です

ひよこ さま

はじめまして、ご利用お立ち寄りありがとうございます(*´∀`)

セッティングの外にはみ出してチャームを配置する場合、レジンが伝ってポタリ…は結構あります。

UVレジンの場合は流し込みから硬化までの時間がライト照射などですぐ完了するので、伝ってもれてしまう前に強引に固めてしまうことも可能ですが、2液の場合は、大丈夫と思って硬化待ち放置中にいつのまにか…ということもしばしばです。

対策というほどではないかもしれませんが、私の場合は、まず「はみ出すモチーフ以外」をセッティング内に浅めに流したレジンで固定→固定後、「はみ出すモチーフ」を配置し、極少量レジンを流して固定→安定したら徐々に盛り上げ…といった手順で行っています。
伝ってもれないように、少しずつ様子を見ながら…といったかんじでしょうか。
基本的には、はみ出しモチーフをつける場合、通常の完全封入ほど盛り上げることは難しいです。

モチーフとなるチャーム類は、裏面がくぼんでいるものも多いかと思いますが、そういった空間はレジンが伝いやすくなる原因となる事もあるので、あらがじめくぼみにレジンを流して水平近くにならしておくというのもよいかもしれません。

ちょっとでも参考になれば幸いです(`・ω・´)
作品作りがんばってください♪

tomi

ハンドメイドアクセサリーパーツショップ『AliceTail』の店長をやっています。
何でもすぐに「やってみたい!」と思うものの、ズボラなため、簡単で誰でも手軽にに楽しめるクラフトを日々研究しています。