グリッターを部分的に入れる方法@UVレジン

ちょいワザ作り方レシピ。
06 /10 2012
IMG_2435.jpg

本日は、こちらのチャームのように、『部分的にグリッターを入れる』やり方を公開

普通にレジンにグリッターを入れると、広がって全体的にラメラメになるのですが、「ココだけ欲しい!!」な時に役立つかもしれないです(笑)

それではいってみましょう!!(今回は手順少ないので、記事畳まずやります)



IMG_2427.jpg

道具は

・レジン(今回はuvタイプ使用)
・グリッター
・爪楊枝
・ペーパーパレット(無ければ使い捨てのトレーや牛乳パックの内側、ワックスペーパーなどで代用)

以上です。

IMG_2429.jpg

ペーパーパレットにレジンを1滴乗せ、爪楊枝の先にレジンをつけます。
で、レジン付き爪楊枝をグリッターの中へ。
いっぱいグリッターがつきますので、パレットの上で混ぜてゆきます。

何度か繰り返し、結構タップリ入れていきましょう。
コッテリしちゃうくらい混ざったらok!


IMG_2431.jpg

今回はレジンフレーム使用ですので裏からです。

ラインの太さによって、爪楊枝の先・頭の部分を使い分けて、グリッター入りレジンを塗ってゆきます。

器用な方ならこれでお絵かきも出来ると思います
私はムリなので、こんなもんでok

IMG_2432.jpg

UVライトを当てて硬化。
表から見て、不足なラインがあれば書き足して、また硬化させます。


IMG_2436.jpg

表・裏ともさらにレジンを盛って硬化させ、完成!!!
いい感じに「キノコの胞子」っぽく出来ました~~(ぇ

IMG_2437.jpg

完成品の裏側。
フレーム作品は後からでも背景をいじれるのが便利です( `・ω・´)

よければお試しくださいね♪



いつも応援ありがとうございます(*´∀`*)
今日もポチっと↓↓↓してくださると頑張れます☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ


コメント

非公開コメント

初めまして(^^

↑の作品のような、アクセサリーを作ってみたいのですが・・uvレジンとクリスタルレジンというのは どう違うのでしょうか?

レジンの違い

初めまして&こんにちはー(*゚∀゚*)
コメントチェックがおろそかなので、お返事送れてゴメンナサイ(つд∩)

『レジンの違い』についてですが、こんなカンジです。

●uvレジン
・紫外線で固まる(uvライトで数分・自然光だと天気にもよりますが数十分)
・混合しない1液タイプなので硬化不良になりにくい
・お値段的にちょっと高い

●クリスタルレジン
・自然硬化(大体24時間~くらい)
・混合比が悪いと固まってくれない
・uvタイプよりもお値段安い

uvをよく利用される方は『早く固められるので次の作業に移りやすい』というのが圧倒的なメリットと考えられています。
サクサク作業を進められる反面、コストはやや高くなります。
クリスタルレジンはコストは割安ですが、硬化までに24時間以上かかり、主剤と硬化剤を混ぜて使うので、比率が悪いといつまでも固まらないという点があります。


お使いになるのはご自身のスタイルにもよりますので、どちらの方が良い!というのはありません。
まずは気になるほうを試してみるのはいかがでしょうか?(*´∀`*)

また質問おまちしています♪

遅くなりました・・・

前の質問に、答えって下さってありがとうございます(^^

クリスタルレジンを買ったのですが、土台や中に閉じ込める材料が近くのお店で見つかりませんでした(泣

なので、そちらのお店で注文をしたのですが・・・代金の支払いなどはどうしたらいいでしょうか?

ネットでの、買い物が初めてなので全然分かりません
スミマセンが 教えてください(_ _

tomi

ハンドメイドアクセサリーパーツショップ『AliceTail』の店長をやっています。
何でもすぐに「やってみたい!」と思うものの、ズボラなため、簡単で誰でも手軽にに楽しめるクラフトを日々研究しています。